他人の郵便物が届いてしまったり、届くはずのものが届かなかったりしたことはないでしょうか?

郵便事故は起きる確率はとても低いですが、起きているのも事実です。入学願書や旅行のチケットなど、きちんと送らないといけない大切な書類などの郵便に使われるのが簡易書留です。

しかし、いざ送るとなるとどうしたらいいのか知らないですよね。実際に、簡易書留は普通の郵便物と同じように出すことはできず、決まった出し方があります。

この記事では、簡易書留を初めて送るという方にも、簡易書留の決まった出し方や料金などを詳しく解説していくので、ぜひ最後まで読んで下さい。

簡易書留とは?

簡易書留とは、『確実に送り先へ届けた』ということを証明される郵便物のことです。

配達の際にもポストに投函されるのではなく、送り先の相手に配達員から手渡しをされます。

そして、郵便物を受け取ってから配達をされるまでの間の記録を残し、万が一届けるまでの過程で紛失や何かのトラブルがあった場合、最大50,000円まで保証されます。

なので簡易書留は、確実に届けなければならない大事な書類を送る際に使われることが多いです。

簡易書留の書き方

簡易書留の書き方は普通郵便とほぼ変わりませんが、書き方が間違えていた場合きちんと送ることができません。

ということで、ここからは簡易書留の書き方について、一つずつ説明していきます。

簡易書留を送る際の封筒

まず最初に簡易書留の封筒ですが、決まったサイズや封筒はなく、書類が入る封筒を選べば大丈夫です。

送り先の宛名を書く

これは普通郵便と一緒で、

  • 送り先の名前
  • 送り先の郵便番号
  • 送り先の住所

などの必要事項を封筒の表に記載し、間違っていないかチェックもしておきましょう。

簡易書留と書く

封筒の表の左下に赤いスタンプで簡易書留と記載されているのを見たことが一度はあると思いますが、簡易書留を送る際には、この表記が必要になります。

書き方としては、封筒の表の左下に、赤い字で『簡易書留』と記載します。簡易書留の文字は縦書きでも横書きでも構いません。ただし、どちらの場合でも簡易書留の文字は必ず左下にしてください。

また、簡易書留の記載は自分でしなくても、郵便局の窓口で簡易書留ということを言えば、窓口の方が簡易書留のスタンプを押してくれます。

封筒の裏面に送り主を書く

宛先を書いたのと同様で、送り主を書くのも普通郵便と同じです。

  • 送り先の名前
  • 送り先の郵便番号
  • 送り先の住所

などの必要事項を裏面に書きましょう。

簡易書留ということを意識しすぎて、表面の送り先の宛名と住所、簡易書留を書いただけで満足してしまって、裏面を書き忘れるってことがけっこうあるので、注意が必要です。

簡易書留の出し方

ここまでは、簡易書留の書き方について説明してきました。簡易書留を書くことができたら、あとは簡易書留の出し方です。普通郵便と少し異なる部分があるので注意しましょう。

それでは簡易書留の出し方について解説していきます。

郵便局の窓口に持っていく

簡易書留は、必ず郵便局窓口に持っていくことが必要になります。

簡易書留は普通郵便と違い、コンビニやポストで出してしまうと簡易書留として認められません。もしもポストに投函してしまうと、普通郵便として扱われてしまいますので注意しましょう。

簡易書留ということを伝える

郵便局の窓口に簡易書留を持ってきたら、あとは簡易書留を送るということを伝えます。

またこの際に、もし赤い字で簡易書留という文字を書いていなければ、このタイミングでスタンプを押してもらうことになります。

以前は、簡易書留を出すためには、『書留・特定記録郵便物等差出票』という書類を書く必要がありましたが、今では必要なく、郵便局の窓口で簡易書留ということを伝えるだけでよくなりました。

簡易書留の料金

簡易書留の出し方まで解説しましたが、簡易書留を利用するには料金が発生します。

簡易書留の料金は、一律で310円です。

ただし、郵便物には大きさや重さによって、送るための料金がかかります。なので、簡易書留の料金310円と郵便物を送ってもらうためにかかる料金を支払うことになります。

また簡易書留は、現金だけでなく切手での支払いも可能です。もしいらない切手が余っているのなら、支払いの際に利用してもいいかもしれません。

速達で送れるのか?

簡易書留は、速達でおくることは可能です。その場合は、郵便局の窓口で簡易書留と速達で送ることを伝えます。

ただし、速達の料金も発生します。速達の場合、種類や重さによって料金が変わるので注意しましょう。

また、簡易書留は配達した際に受領印をしてもらわないといけないので、速達で簡易書留だった場合、受け取り手が不在でその日に受け取れなければ、速達で送る意味がなくなってしまいます。

なので、速達で送るか簡易書留で送るか、もしくはその両方がいいのか考えましょう。また、郵便局の窓口で相談するのもいいかもしれません。

簡易書留はどのくらいで届くの?

通常の簡易書留は、2日前後で届きます。ただし、地域や交通状況などによって変わってくる場合もあるので注意が必要です。

簡易書留を送る場合、期限のある書類は早めに送るようにしましょう。

土日は出せるの?

ゆうゆう窓口がある郵便局であれば、土日でも出すことができます。

しかし、ゆうゆう窓口がある郵便局は、一部の郵便局に限られています。もし土日に簡易書留を出したいのであれば、近くにあるいくつかの郵便局にゆうゆう窓口があるか調べておきましょう。

夜は何時まで出せるの?

通常の窓口だと閉まる時間も早い場合がほとんどですが、ゆうゆう窓口がある場合は一般的に20時、もしくは21時まで開いています。

場合によっては24時間営業しているところもありますが、きちんと調べて開いている時間に行くことが大切です。

また、夜間の場合は、時期によって日中に出しにこれなかった人が押し寄せて行列になることもあるので、できるだけ早めに行くようにしましょう。

まとめ

今回は、簡易書留の書き方や出し方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

重要な書類を送る際に多く使われる簡易書留は、直接相手に手渡しで届けてくれるのでトラブルが起きにくいですし、相手も受け取ったという認識があるのでとても助かります。

簡易書留の書き方や出し方は、そんなに難しいものではありませんが、書き終わったと思って安心して、裏面を書き忘れていたり、ポストやコンビニで出してしまったりしないように注意しましょう。

また、郵便局の窓口の時間もしっかりと調べておくようにしましょう。

東京オリンピックにおすすめのクレジットカード